このブログは

雑誌編集者を目指して、上京。
トラの穴で編集プロダクション生活をスタートさせたばかりの「のんちゃん」(23歳女子)に贈る
編プロ・トラの穴的 おこごと、仕事のコツ、ラクの仕方と、社会人的たしなみと。

順不同でまいります。
つまみ読み、どうぞ。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ゼロハチマル.net


「進行」 だれを味方にするか

2015年1月20日 (火)

編集業務での「進行」は、本ができるまでのスケジューリングのことを指します。

雑誌の版元の編集部には専門の進行役がいることが多く

編集者それぞれが担当した各企画の進捗状況をすべて把握し

印刷所やDTPといった制作部門と調整しつつ、仕事を進めていきます。

スケジュール通りに出版できるように管理するのが、進行の仕事。

印刷所との約束の入稿日に遅れないように目を光らせます。

進行は、制作部門からの各企画への問合せの窓口としても機能します。

 

編プロ出身の私は、版元へ出向したときに

「えー、進行専門の人がいるの!? すごーい!!(=うらやましい)」

と思ったものです。

編プロの場合(少なくとも私の出身の編プロ、それに弊社もそうですが)

進行専門にスタッフを確保する金銭的な余裕はありません。

どうするか。

自分でするんですっ。

 

私が初めて200ページのムックを担当したとき(かれこれ25年ほど前か)、

編プロに入ってすぐで、編集の仕方もなにもわからない状態でした。

先輩編集者もみんな一斉に辞めてしまう時期で、教えてくれる人がいません。

同じ歳の相棒がひとりいるだけで、あとは荒野です。情報は800件ありました。

目の前には、印刷所の担当者が作ってくれた

素人目にはまったくわからない、暗号チックな「進行表」だけがあります。

……???」

それでもやらなければいけません。

まったく段取りわからないし、どうしようかなぁ……と考えて、出した結論。

「印刷所の担当者さんから言われた通りにやろう」でした。

とにかく、その都度聞いて、

「ここまでになにをしろ」と言われたことは的確に仕上げていくことだけを徹底しました。

ちょっとでもわからなければ、すぐにその担当者に尋ねることにしました。

 

印刷所の担当者に味方になってもらえば、叱られたり、たまにケンカごしになったりしながらでも、本はできます。

 

当時、担当は同じ歳の男性A氏で、職歴はこちらよりもある方でした。

こちらも徹夜の繰り返しでしたが、そんなこちらの手落ちを救ってくれて、印刷所で作業してくれて(あれは写真指定だったかぁな)

夜明けに「終わりました。不備はありません」と電話かけてきてくれたことをよく覚えています。

こちらが完徹で色校戻しを仕上げている朝には、ピックアップのかたわら、

朝ご飯を差し入れてくれたものです。

 

編集者の間では「それでも本はできる」なんてよく言います。

びっくりするようなトラブルに見舞われても、だれかが倒れたり、だめになったとしても

私たちはいつもそれをなんとか乗りこえて、予定通りに本が出るのです。

 

たとえこちらが進行的にすっとぼけたことをしでかしても

たしかな味方さえいてくれたら

大事にならないうちに、お尻を叩いてくれるし、カツを入れられます。

今なら、印刷所のほかに、DTPオペレーターもぜひ味方になってもらってください。

コメント

"「進行」 だれを味方にするか"へのコメントはまだありません。

コメントを書く