このブログは

雑誌編集者を目指して、上京。
トラの穴で編集プロダクション生活をスタートさせたばかりの「のんちゃん」(23歳女子)に贈る
編プロ・トラの穴的 おこごと、仕事のコツ、ラクの仕方と、社会人的たしなみと。

順不同でまいります。
つまみ読み、どうぞ。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ゼロハチマル.net


たくさんの視点をもつ

2015年1月18日 (日)

芸術系の学校出身です。今でも印象に残っている課題に

入学したての1回生の4月にやっていたデザイン学科の課題があります。

同じ蚊取り線香のモチーフで、

10
㎝×10㎝のデッサンを視点を変えながら仕上げていくというもので

最大で100枚描かなくてはいけない。つまり蚊取り線香への100の視点です。

いかにたくさんの視点を柔軟に持てるかどうかが問われていました。

私は文藝学科なので他人事でしたが、象徴的なのでよく覚えているのです。

 

それからいろいろな視点を意識するようになりました。おかげで今でも、

ことあるごとに視点を変えて物事を見ることをおもしろがってやっています。

書くのにはもちろん役立つし、仕事でも、日々のなかでも、恋愛でも、

たくさんの視点を持つことは役立つように思います。

そうすると、立場が異なる人の、自分とは違う意見を、

「違う」というだけで排斥せずにすむからです。

 

自分にとっての当たり前が、相手にとっての当たり前にはならないことは少なくありません。

「見る」ことひとつとってもそうです。

同じものを見るとしても

視点が違う、視力が違う、観点が違う、視野が違う。

経験が違えば感じ方は違う。前提が違うことになる。

そこまでいかなくても、同じ写真を、違う場所でプリントアウトしたものを見たら

色味が異なるものを互いに見ているようなことだってあります。

五感についてはほぼ同じことがいえるかもしれません。

 

五感に限らず、ぐっと身近なところでは、

メールシステムも人により構築のしかたは様々で

混乱をきたすことがたまにあります。

「仕事で使っているんだから毎日見ているだろう」と思ったらそうではないこともあるし

「夜中のうちに出しておけば、明朝出社したときに見てくれるだろう」と深夜にメールしたら

携帯でも同期しているようで、真夜中に返信が来て気まずいときもあるし、

その逆で、携帯でも同期して目を通してくれているだろうと思ったら

携帯と仕事は別アカウントで、「え、見ていないよ?」みたいなこともあるわけです。

読んでくれているはずのメールが、添付ファイルがもとではじかれることもあれば、

思いもよらぬ強力なセキュリティに入っていて「迷惑メール扱い」されていることもないとはいえません。

 

自分の考えや感じ方、やり方、状況が基本だと思わないことが大事だと、この頃よく考えます。

あくまで「私の場合はこう」なだけで、世の中にはいろいろな考えや感じ方、やり方、状況がある。

自分を基準だと思い込まないほうがいい。

 

でも、いちいち立ち止まって仕事がはかどらなくなっても困りますからね。

たまには「えーーっ!!」と驚いたりしながら、必要に応じて確認しつつ

丁寧に進めていきましょう。

 

ただ、いろんな見方があり、考え方があるということを、

いつも頭の隅に置いていることは大事です。

頭を柔らかくして、いろんな見方、さまざまな視点を

自分のなかに取り入れることができたら、豊かさにつながるように思います。

多様化を続ける社会で、自分を見失わずにすむんじゃないかな。




暇があるなら、蚊取り線香への100の視点、やってみます?

コメント

"たくさんの視点をもつ"へのコメントはまだありません。

コメントを書く