このブログは

雑誌編集者を目指して、上京。
トラの穴で編集プロダクション生活をスタートさせたばかりの「のんちゃん」(23歳女子)に贈る
編プロ・トラの穴的 おこごと、仕事のコツ、ラクの仕方と、社会人的たしなみと。

順不同でまいります。
つまみ読み、どうぞ。

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

ゼロハチマル.net


お祝い花の手配

2013年3月 7日 (木)

カメラマンさんやイラストレーターさんが展覧会を開催されるときや、
作家の方がイベントをなさるときなどには、お祝いのお花を贈ります。
編集部の名前で送ることもあれば(編集部と相談し、代行することも。
この場合は先に、編集部に、下の2~4を確認します)
自社の名前、ときには個人名で出すこともあるかもしれません。

どんなお花を贈ることができるかは、フラワーデザイナーさんの腕しだい。
ふだんから自分ごのみのフローリスト(お花屋さん)を定めておくのがいいと思います。

※催しのDMに、祝い花お断りとされているときは、うっかり贈らないようにお気をつけて。

【お祝い花の手配】
メールかファックスで、信頼できるお花屋さんへ以下の情報を送ります。

1 配達日時と送付先を伝える
開催日の前日の夕方、作品を搬入される時間を見計らって段取りします。
前日にオープニングパーティが開催されるときは、お花が間に合うように。

2 予算を伝える 
個展やグループ展の場合は、5000円~1万円くらいが多いでしょうか。
支払い方法を伝える(請求書払いにしていただくことが多いです)。
編集部から業務代行するときは、どの部署宛の請求にしてもらうかなどを、
編集部に確認します。

3 お花の札の内容を伝える
祝い花には差出人の札がつきますから、内容を伝えます。
個展の場合ならシンプルです。

例) お祝い  有限会社ゼロハチマル

編集部の業務を代行する場合は、媒体の名前でいくか、編集部をつけるか、
編集部の名前に編集長の氏名も入れるか、編集部に確認します。

グループ展の場合なら、宛名として作家の方の名前も入れてもらいます。 


4 イメージや形を伝える
どこに置かれるかを想像しながら、
卓上に置くタイプのアレンジか、スタンドタイプかをオーダーします。

私は、信頼できるフラワーデザイナーさんにお願いできるので、
イメージだけお伝えします。

贈る相手の性別と雰囲気を伝え、
「大人かわいい感じ」「ラブリーなかわいい感じに」「不思議かわいい感じで」
「ボリューム出してください」「お花の目利きですから、相応のものをお願いします」
「センスのいい男性なので、クールでスタイリッシュに」 
「北欧ぽい感じで!」「和を入れたアレンジで」など。

場合によっては、イベントのURLをくっつけてフラワーデザイナーさんに見ていただき
「これに合う感じで……」と、めちゃくちゃなお願いをすることも……。

使っていただきたいお花があるときは、それをお願いするのもよし、
色のイメージを伝えてもいいかもしれませんね。


以上かな。イメージを文章で伝えたあとで、かならず確認のお電話をしましょう。


地方に贈る場合は、いつものお花屋さんで手配して、
宅配便でアレンジを贈っていただくこともできるのですが
とくに夏場はお花がくたびれることもあります。
 WEBでその地方の上手そうなお花屋さんを探し 
   ↓
 電話で実際に相談 
   ↓
 オーダー
のほうが、お花がくたびれなくて安心かもしれません。

コメント

comments kourogi | 2013/04/07 7:39:57

はじめまして!
僕は昨年末からアダルト雑誌の編集者として働いています。未経験なうえに要領が悪いので、日々迫ってくる締め切りに胃をキリキリさせてる毎日です。
このブログに書かれていた、デザイナーに渡すラフ作成やデザイナーへの誌面イメージへの伝え方など、とっても参考になりました!!
更新、楽しみにしています!

comments マリ | 2013/04/22 19:29:58

kourogiさん
うれしいレスを、どうもありがとうございます。
お役にたててうれしいです。

アダルト雑誌の現場は特殊なこともたくさんですから
気遣い第一だと思います。
さまざまハードだと思いますが、どうぞがんばってください。


comments kourogi | 2013/04/23 23:44:01

こんばんは。
レスありがとうございます。

将来的にはライターとなることをめざしておりますので、現在の場所で編集の「へ」の字を学びたいと思っています。

いまも入稿締め切り二日前に企画のページを持たされ徹夜の作業ちゅうです。

アイディアがまったくでません(汗)

コメントを書く