シールと手描きと

2015年5月17日 (日)

1

十代の頃、大阪の千日前のプランタンの通りはさんでお向かいあたりに

陶器屋さんがあって、1100円くらいの安いのが並んでいた。

この器もそこで購入したものだ。小鉢や小皿は1100円くらいで

角皿はそれでも600円で買えたように思う。30年前だけど。

ほかにもこのシリーズでいくつか買っている。

この青、波佐見っぽい。どうでしょう。

Iroiro

 

左は上の小鉢とは別の、小皿。

どの器も高台なし。フラットなので安定感がある。

底は滑らないように布目になっている(写真左上)。

お安いのに、仕事が細かく、素晴らしい。

 

手書き風……に見えるけれど、シール(という表現でいいかどうか)の模様。

作るとき、器の上に絵柄を置いてから焼き付ける。

効率のいい大量生産方法というわけだ。

2つを比べると、濃い・薄い、ハミダシ方など、柄がまったく同じでおもしろい。

2

(iPhone撮影の限界か。かなり歪んじゃう……)

で、こちらは手描きで、波佐見の永峰窯。

同じように見えるふたつの器の模様が、それぞれ細部が違っている。

3_2 4_2

たっぷりした大きさで、使い勝手がいい。

サラダを入れてよし、シチューやスープを入れてよしで出番が多い。

今日のお昼も、これに二色そぼろご飯を盛った。

ぽってりした縁がとくに好き。

ヘビーユースにもしっかり応えてくれている。

 

実はこれ、大阪の京橋時代(1990年くらい)の、大型ゴミの日の「出物」。

このときの収穫はすばらしく、今でも大事にしているものがほかにもある。

(素晴らしいのでまた後日!)

当時まだ大阪には、大型ゴミの日が月に一度あって

大型ゴミの日にはよく、近所をまわって拾ってきたものだ。

 

先日も吉祥寺で「よろしければどうぞ」と書かれた食器が

飲食店の前に置かれていたのをいただいてきた。

その辺は昔からあまり変わらない。

多少汚れていたけれど、家に帰って本気出して磨いたら、

とても器量よしだった。

 

※波佐見? シールの小鉢 直径11㎝、小皿 直径11センチ

 平皿 19㎝×24

 波佐見 永峰窯 ボウル 直径15

出西窯 切立小皿

2015年5月16日 (土)

Img_2482

あめ色といえば、ほかにあるうちのあめ色ちゃんがこちら。

出西窯の三.五寸皿で、ほぼ毎日ヘビーローテーションで使っている。

出西窯(しゅっさいがま)は、出雲への取材の帰り道に

フォトグラファーのなおちゃんの提案で寄り道したのだ。

出西窯には6連房の大きな登り窯があるのだが

ちょうど運良く、伺ったのは年3~4回行われる窯焚きの日で、

作業の様子を拝見させていただけた。

出西窯がどんなに素晴らしいかは今度書く。

私は赤絵に反応する傾向があるけれど

それ以上に、あめ色の器には反応するようだ。

たまらない気持ちになる。

記憶をたどると、子どもの頃、うちに1枚だけあったあめ色のパン皿。
洋食器だったと思うが(今から思えば北欧あたりの)、

いただきものだかノベルティだかで、仲間はずれみたいに1枚だけあった。

たぶん洋食器だったと思う。
その色の美しさ、出自不明の気高さといったら!

いっしょに買ったのが青の切立小皿。

Img_2489

この青の、深い海のような美しさ。それから縁のフォルム。

とても使いやすいお気に入りだ。

ペアで買ったのをひとつ割ってしまったので、ひとつだけになったけれど

お味噌汁の味見をするとき、そしてお玉置きに、ほぼ毎日使っている。


お手塩として使うのにも、切立小皿は主張があってとても好き。

同じものにもう一度出会えたら、すぐ購入してペアにしてあげたい。

 

出西窯だからこそ、それも夢ではないことがうれしい。

Img_2490
買ったときから、青の切立小皿には、ちょっぴり焼きムラがあった。

時間が経って、なんだかいい感じになっている。

あばたもえくぼだろうか。

出西窯には、銘がない。

.五寸皿  出西窯 http://www.shussai.jp/

あめ色の飯椀

2015年5月15日 (金)

Img_2400

父は陶磁器が好きな人で、時々出張先で、自分の湯呑みだけ買ってくるようなことがあった。

 

これは、大学時代に帰省したとき

父に連れられて

小鹿田焼と小石原焼の里へ行ったときに買ってもらった飯碗。

 

どれか買ってあげると父に言われて、迷うことなくこれを選んだ。

 

この飴色に一目惚れだった。

なんていい色なんだろう。

眺めるたびにうっとりする。

買った時はもちろん、今も。ドキドキしちゃう色だ。

Img_2402

Img_2465

太陽光の下だとさらに表情豊かになる

麦芽糖の水飴みたいな、べっこう飴のような、

琥珀のような深い色。

光の加減で色が違って見える。

見た目よりも薄手だ。

使う時は少しだけ緊張する。

 

ご飯をよそうたびに、父のことを思い出す。

あの頃、思春期は、父とうまく喋れなかった。

あんなに早く亡くなるなら、もっともっとたくさん

喋っておくんだった。

10年後に父が死んでしまうなんて、夢にも思わなかったものだから。

ごめんね、おとうさん。
Img_2399

 ※直径12.5㎝ 小石原焼 實山窯

「菓子問屋 橋本屋」小鉢

2015年5月12日 (火)

この色が好き、表情のある赤と、高台の紺のライン。

ザ・昭和な感じのフォルムは、ちょっとモダンな感じさえする。

 

縁はちょっと椿の花びらみたいな波形で繊細なのに、頑丈。

気軽に使え、スタッキングできる。

Img_2393

Img_2391

本当は縁は金色だったのが、使っているうちに金が剥げてしまった。

かすかに残っているのが上の写真。

無理もない。

実はこのうつわ、私よりもずっとセンパイなのだ。

おそらく60年は経っているはず。

 

初めて一人暮らしを始めた高校時代に

実家からもってきたうつわ。

ものすごく好きだったので家を出るときにもらってきた。

 

煮物を入れても果物を入れても、ちょっとした汁物入れても悪くない。

今も現役で活躍している。

 

Img_2390

ひっくり返すと、「菓子問屋 橋本屋本店」とある。

祖母が熊本の新市街でお菓子屋さんを営んでいたときに、問屋さんからいただいたものと思われる。

私はそこで生まれ落ちて、1歳には次の町(大分)に引っ越してしまったが

祖母のお菓子屋さんの店先や壁やテーブル(簡単なものが食べられるようになっていた)やら、

寝かされていた部屋のことやら、隣が銭湯だったことやら、

公園の噴水がとてもきれいなことやら(生まれて初めて見るものだったから強烈だったのだ)

祖母の会話の端々がふと思い出される。

そういえば、ばあちゃんが亡くなったのは5月。35年前のことだ。

 

それにしても、ノベルティのようなものだろうに、

こんな目立たないところに名を刻むのかと思う。奥ゆかしい。

子どもの頃、こうした用途でいただく食器には、

側面に堂々とメーカー名が入れてあって、馴染めなかったものだけど

そういうものとは明らかに一線を画している。

そんなわけで祖母・母・娘と三代使われ続けて、いまだに第一線。

洗って伏せるときにはいつも懐かしい気持ちになる。

 

この子は、あと100年でも平気で活躍しそうなほど闊達に思える。

かわいい。

Img_2392_2

※直径11㎝

奇跡の湯吞み

2015年5月10日 (日)

うつわへの思い、忘れないようにぼちぼち残していこうと思います。

Img_2383

左は私がもともと持っていた湯吞みで(大阪で購入)、2つあったものがひとつだけ残っていたもの。

いきいきと描かれたうさぎが愛らしく楽しげで、てっぷりしたフォルムも気に入っていた。

右ははじめて佐世保を訪ねたときに、器好きの義母からいただいたものだ。

「私の持ってるのに似てるな……」と食器棚をがん見していたら

「よかったらあげる」と言われて、大喜びで持ち帰ったのだが、うちに帰ってさらに驚いた。

 

私の持っていた湯吞みとまるでペアみたい。

似すぎている。

え? と思って銘を確かめたら、やはり同じ「幸庵」と書いてある。

なんという縁だろう。こんなこともあるのかしら。

Img_2387

Img_2389

いただいたもののほうが、赤絵が映えてさらに洗練された感じがする。

しかも内側の点々……タイユバンロブションのスープみたい。

でも、こうして2つ並ぶたたずまいがとても好きだ。

 

見てわかる通り、両方とも金継ぎしてある。

友人のNさんが施してくれたものだ。

 

じつは東日本大震災で、この2つの湯吞みはまっぷたつに割れてしまった。

うちに帰ると、食器棚の中で、この2つの湯吞みが扉と棚の間に挟まって止まっていて

扉を開くと落ちてしまうという状況だった。でもいつかは開けないといけないわけで。

扉の間から定規を差し込んだり、布を入れたり、なんとかダメージを最小限にしようとしたが

その甲斐もむなしく、目の前で落ちて割れてしまった(あのときの虚しさといったら……)。

 

大好きな器だったので、割れてもそのまま手元に置いていた。

継ぐなんて思いもよらなかったが

Nさんが「金継ぎを始めたので練習する」という、ご厚意に甘えた。

降って湧いたようなしあわせな話だ。

継がれたこのふたつの湯吞みが戻ってきた日のうれしさったら。

夢のようだった。

 

命を吹き返したふたつの器は、おかげさまで今も活躍している。

お茶を入れたり、コーヒーを入れたり、小鉢として使うことも少なくない。

 

義母は2月に亡くなったので、形見になってしまった。

この器を見るたびに、義母との不思議な縁を思う。

 

 

*幸庵窯は、波佐見にあるようです。波佐見。その名を知る前から好きでたまらないもの。

*直径10