このブログは

それが事実であるがゆえに、ニュースは最高におもしろい。
そこからドラマを読み取るのは、あなたなのかもしれません。

最近の記事

カテゴリー

バックナンバー

最近のコメント

ゼロハチマル.net


シールと手描きと

2015年5月17日 (日)

1

十代の頃、大阪の千日前のプランタンの通りはさんでお向かいあたりに

陶器屋さんがあって、1100円くらいの安いのが並んでいた。

この器もそこで購入したものだ。小鉢や小皿は1100円くらいで

角皿はそれでも600円で買えたように思う。30年前だけど。

ほかにもこのシリーズでいくつか買っている。

この青、波佐見っぽい。どうでしょう。

Iroiro

 

左は上の小鉢とは別の、小皿。

どの器も高台なし。フラットなので安定感がある。

底は滑らないように布目になっている(写真左上)。

お安いのに、仕事が細かく、素晴らしい。

 

手書き風……に見えるけれど、シール(という表現でいいかどうか)の模様。

作るとき、器の上に絵柄を置いてから焼き付ける。

効率のいい大量生産方法というわけだ。

2つを比べると、濃い・薄い、ハミダシ方など、柄がまったく同じでおもしろい。

2

(iPhone撮影の限界か。かなり歪んじゃう……)

で、こちらは手描きで、波佐見の永峰窯。

同じように見えるふたつの器の模様が、それぞれ細部が違っている。

3_2 4_2

たっぷりした大きさで、使い勝手がいい。

サラダを入れてよし、シチューやスープを入れてよしで出番が多い。

今日のお昼も、これに二色そぼろご飯を盛った。

ぽってりした縁がとくに好き。

ヘビーユースにもしっかり応えてくれている。

 

実はこれ、大阪の京橋時代(1990年くらい)の、大型ゴミの日の「出物」。

このときの収穫はすばらしく、今でも大事にしているものがほかにもある。

(素晴らしいのでまた後日!)

当時まだ大阪には、大型ゴミの日が月に一度あって

大型ゴミの日にはよく、近所をまわって拾ってきたものだ。

 

先日も吉祥寺で「よろしければどうぞ」と書かれた食器が

飲食店の前に置かれていたのをいただいてきた。

その辺は昔からあまり変わらない。

多少汚れていたけれど、家に帰って本気出して磨いたら、

とても器量よしだった。

 

※波佐見? シールの小鉢 直径11㎝、小皿 直径11センチ

 平皿 19㎝×24

 波佐見 永峰窯 ボウル 直径15

コメント

"シールと手描きと"へのコメントはまだありません。

コメントを書く