「つばめ」「花のお国の汽車ぽっぽ」

2014年4月16日 (水)

ツバメの姿を見たとちらほら聞こえてくる。
ツバメといえば思い出すのが、幼稚園で習った5月の歌。
もう40年以上も前のこと。

 ツバメにのって 飛んで飛んであそぼ
 五月の大空を 飛んで飛んであそぼ
 はい スイスイスイ はい スイスイスイ
   ──「つばめ」──


そのひと月前の4月。
初めて幼稚園で習った歌は、アネモネの歌だった。キンダーブックだったのかな。
副読本のはじめの見開きに出ていた。

 アネモネ駅から汽車ぽっぽ
 サクラソウのなか走ってく
 ポポポポポポポポ シュー ポポポー 
 ──「花のお国の汽車ぽっぽ」──


残念だった気持ちが鮮明に蘇る。
幼稚園で初めて……1年保育だったから5才でこの歌を習ってこの歌を習ったときのこと。
音階が中途半端な気がしたのと、歌詞が中途半端なのと、短すぎるのと。
「子どもだからってナメとんなよ!」と、思った。
(その頃、ママさんコーラスについていって、「ドナドナ」を初めて聞いて号泣してたし、「みんなの歌」だって好きだし、幼稚園で習った歌が食い足りなかったんだと思う)


それでも5月の「つばめ」はのびやかな感じが好きだったのだが
6月に至っては……

 ぶーらんこケムシが1・2・3
 藤棚の下で1・2・3
 かーぜに吹かれて1・2・3
 ──「ぶらんこ毛虫」──



_| ̄|○  なんだか切なかったなぁ。
「童謡」にも届かないような、短い短い歌の数々……。完結すればええっちゅうもんやない。

6月で月のお歌の記憶が途絶えるのは、7月からは猛烈なはしかにかかって、
夏休みも始まるしで、3日くらいしか登園できなかったから。
病んでいるとき、枕元の「家庭の医学」を眺めるのが大好きだった。
意味なんてわからなくても、見ているだけで、ワクワク。

鏡の前で乳がんを自己検診する女性とか、
「性」のページの2羽のインコちゃん(イメージカット)とか、
モノクロ写真だったけど、眺めているの、好きだったなぁ。

ツバメにのって、そんな記憶がぶわぶわとあぶり出される季節。

コメント

"「つばめ」「花のお国の汽車ぽっぽ」"へのコメントはまだありません。

コメントを書く