わたしのスピリチュアル体験・アーカイブ  ~担任が霊媒師~

2011年7月17日 (日)

3年前にミクシィで、マイミクの石原さんの日記がきっかけになり、
「わたしの音楽体験・アーカイブ」をやったことがある。
音楽はだれかと共有できる思い出だから、結構盛り上がった。

で、スピリチュアル体験・アーカイブってどうよ
「ああ、あのときのあれ、よかったよね?」なんてことには決してならないけれど
人生そろそろもう50年。忘れたくないので残しておくことにした。
長くなるので、ぼちぼちいきます。

ちょっと不思議な話をすると、母はよくわたしをややウザそうに変人扱いする。
「あなたはKセンのときから、ずっとそう。小学生から不思議系の道まっしぐらで……好きよね」とため息。
本当はKセンよりも前からそうだけど、
系統づけて考えられるようになったのは、たしかにKセンからかもしれない。
小学4年生の担任の先生だった、K先生。霊媒師でもあった。

K先生……通称Kセンは、徹頭徹尾中年のおっさん風情。鉄道マニアでもあった。
レンズの厚いメガネをかけ、ユニークな風貌だけど、小学校の先生でありながら霊媒師で、
授業を脱線させては、よく神仏の話や心霊的な話をしてくれた。
コワイ話、不思議話、笑える話、どの話も最高におもしろかった。

Kセンは霊視ができる人で、霊おろしみたいなこともやった。
また「お手当」と言って、人のからだの痛いところに手をかざして、治すことができた。
いい時代だったよな。今ならきっと問題になることだろう。

お手当のときには天茶(あまちゃ)を使うと助けになる。
天茶を洗面器に入れて、手ぬぐいを浸して、それで湿布しながらやると早いのだ。
よそのお宅に呼ばれてお手当に行くと、まず、Kセンは仏壇でお参りする。
ご先祖の協力を得て、改善していくというのが、Kセンのスタンスだった。
仏壇でお参りしたあと、ご先祖様がなにか言いたいことがあるときは、そのままKセンはとりつかれたようになって、畳にエアー文字を書き始める(読むのは結構たいへん)。
文字ではなく、ビジュアルだけで伝えることもある。
「家の敷地にある井戸が埋めてある。穴をあけること」とか、そういうことだ(Kセンが語る)。

近所に神経痛のおばあさんがいたので、Kセンを紹介した。
相談も治療も無料。お金が発生すると力はなくなるんだと、Kセンは言っていた。
そのとき、わたしも本格的な治療(?)に同席させてもらうことができた。

まずは仏壇でご先祖へお参りする。
先祖からの通達事項は、さしてないようだ(文字書きはなかった)。
でも、私はKセンのおろして、畳に文字書きするのを見たことがある。あのときだったのかなぁ。
お手当が始まると、洗面器に入れた天茶が、瞬時に濁っていく。
普通に麦茶色をしたお茶が、霊的なものが現れるととたんに白く濁るのだ。
洗面器のなかでお茶がひとりでに濁っていくのを、コワ~と思いながら静かに見守っていた。

神経痛のおばあさんの治療が終わると、
「おじいさんがやって来て(←おばあさんの夫。もちろん亡くなった人)、ずっとマリっぺの隣に座ってたよ」とKセン。
あれだけささ~っと濁っているんだから、そりゃそうでしょうとは思う。
おばあさんのひどい神経痛はけろっと治って、しゃきしゃき歩けるようになっていた。

そんな日は、帰宅すると母から塩を撒かれた。
思いっきり塩を撒かれ、「連れてこないでっ(ビシッ!)」とやられる。
母は子ども相手にも容赦はない。

Kセンのおかげで、目に見えないものに親近感を覚えたし
死んでいる人たちのことも近く感じることができた。
感謝したり、慈しむべき存在としてあるもの。それに名前をつけることはできないのだけど
とにかく目に見えないなにかがあって、それがわたしたちを守ってくれているのがわかる。
自分なりのやりかたで「ありがとう」をちゃんと伝えたくて
マイ仏壇というか、神棚というか、そんなものを作って、お祀りしようとしたことがある。
イチゴケースを2つ重ねて、中に布をはさんで、きれいな箱にして。立てかけてマイ仏壇(いや神棚か?)。
翌日Kセンに得意げに話したら、褒めてもらえるかと思ったら真剣に怒られた。
「子どもがやるもんじゃない。
下等霊が集まってきて手に負えなくなり、困ったことになるから、すぐにやめなさい!」。
ものすごく残念だったのは、せっかく作ったものをこわさなければいけないこと、
それ以上に、「悪さをする下等霊」の存在だった。
みんなが親切なわけじゃないのか!? と初めて知った瞬間でもあった。

今からもう40年前のことだ。
見えるものと同じくらい、見えないものにも価値があることを肌で知って、
見えないものにたくさん助けてもらいながら生きていることを実感できた子ども時代。
じゃあ、Kセン学級の子どもたちが、みんなこんなふうなのかというと、ぜんぜんそうではなく
不思議に囲まれて育っていったのは、わたしくらいなんじゃないのか。
よほど波長が合ったんでしょう。あそこでKセンに会えるとは、運がよかったです(しみじみ)。

今、スピリチュアルなお仕事で、摩訶不思議現象にも平常心で触れられるのは
カメセンの影響も大きいだろうと思う。
不思議やミラクルは、ごく普通に起きるものだということをすでに認識しているからだ。
「うんうん、あるよね。そういうの、うれしいよね」という感覚。
なんでもアリになので、既成概念自体がふにゃふにゃだし、
それはほんとうだし、ほんとうではなくなることもある、ということが理解できる。恩恵ですな。


しかし素地は、まだもっと幼い頃から、実は母によってもたらされていた。
世界のあらゆるものと話ができるのは、母のおかげなのだ。次回はそのアタリのお話を(*^_^*)。

コメント

comments みんとてぃ | 2011/07/20 10:14:40

亡き母は凄い感の鋭い人で、予知能力もあった様子悪い事は特に現実になる。最近、その予知能力的な事が私の頭に広がるようになった。今のところ良いことの方が多いのだか、時々悲しい事も浮かんでしまい、その時は疲労感でいっぱいになります。マリちゃま〜こういう事は、良からぬものが憑いちゃっているわけ〜?

comments マリ | 2011/07/30 16:27:44

コメント、気づかずにごめんなさい~(>_<)

みんとてぃさんんはカンの鋭そうな感じがしますもの。

わたしはみんとてぃさんほど強くないです。
でも、みんとてぃさんによからぬものが憑いてるわけでは決してないと思います。
必要なものが必要に応じて身につくだけざんす。できれば受け入れて活用してください。するとなんでしょう…喜びます。
わたしは、尋ねたら教えてもらえます。


「想像できた悪いことは避けられる」という言葉が好きです。
悪いことが思い浮かんだときには、そう考えてます。
お気楽脳天気で恐縮です。

悪いことが3つ溜まるとチャラ、も、好きでよくやります。
悪いことが降りてきたときに、「大難は吉」となる考え方です。

comments みんとてぃ | 2011/07/30 23:57:19

マリさま
ありがとうございます(=⌒ー⌒=)
続きを楽しみにしています。
母→私繋がりが更に娘(孫)へってところが心配でしてねぇ

comments マリ | 2011/08/01 1:29:03

そういうことのつながり、つなげ方って
なかなか難しいですね。
文明社会になって、血縁でいちばん伝わりにくいのが
お金のセンスと目に見えないことのいろいろじゃないかなぁ…と


超仮定でございますけど(*^_^*)

comments ショウ | 2013/04/13 20:07:02

こんにちは
わたしもS53年にKセンが担任でした。懐かしいです。たぶん私の方が後輩ですね(笑)

comments 宮城県在住 | 2013/07/13 14:32:07

驚きました
K先生の名前がでようとは
上杉山通り小学校で4年のときの担任です、霊の話、鉄道マニア、つり好きで船持ってましたね、一度乗せてもらいました、プールでつりしたり、今では出来ないですよね、44年前になるかな

comments マリ | 2013/10/09 20:11:46

ショウさん
コメントに気づかず失礼しました!
こちらは1965生まれなので、1975年あたりがKセンです。
小松島小学校でした。
コメントうれしいです。
ありがとうございます。

comments マリ | 2013/10/09 20:14:13

Kセン、変わらないんですね!
感動です。
私は小松島小学校でした。
そうそう、霊の話と鉄道マニアで釣りキチでした!
懐かしいです!!
お手当て、よくやってもらいました(((o(*゚▽゚*)o)))

comments ま~り~ | 2014/03/07 12:30:01

初めまして。1962年生まれの女性、現在は東京文京区住まいです。
上杉山通小学校3~4年の担任だったK先生を懐かしく思って検索したら辿り着きました。今思い起こせば学校生活12年間の中で、一番好きな先生だったからです。
当時は、鉄道の話はとても印象的でしたが、霊的な話は全く記憶になかったので、ココで読んで驚いています。
検索して最初に、同じ名前の方の(同姓同名かも?)住所と電話番号が出て来て「ホント?」と思いましたが、仙台市内だったので間違いないと思います。
もしまだお元気で、その力を変わらずお持ちなら、失明の危機にある私の目を治してもらえる事は出来るのかしら、と今頭をよぎりました。電話してみようか悩んでいます。厚かましいと思いますか?
突然のメール、失礼しました。

comments マリ | 2014/03/10 16:19:03

ま~り~さま
コメントありがとうございます!
驚きました!! 偶然ですね。
Kセンつながり……。

3年前の消息筋によれば、ご存命で
お元気でいらっしゃると伺いました。

そしてま~り~さん、目はたいへんですね。
Kセンにお願いするのは長い月日が流れていますし、難しいように思います。
ご高齢でいらっしゃるし、今、その技術をそのままお持ちかどうかもわかりません。

「治す」ことはなかなか困難だと思いますが、エネルギー治療をなさる方で腕のいい方がいわき市にいらっしゃいますよ。
増田接骨院 http://tde-masuda.on.omisenomikata.jp/
本も出されていますので、興味がおありでしたらご覧ください。
エネルギーで、不思議な施術をなさいますが、私はいつもラクになります。

comments ま~り~ | 2014/03/13 22:12:26

マリさま
早速のコメントありがとう~、
そうなんですよね、もうそれなりのお歳だよなぁ、と考えてました。
いわきの接骨院…まず本を読んでみようと思います。「気」の治療院には千葉で半年程通ったことはあります。チョッと合わなかったんですよね…性格的な相性が悪かっただけかも、です。
あ、あとKセンにも季節の挨拶がてらハガキでも出してみようかな?
また来ますね~♪(´▽`)ノ

comments ま~り~ | 2014/05/23 22:33:57

緊急のお願い
急いでmixi のメッセージ見て!
ま~り~

comments 宮城県在住 | 2016/04/23 17:34:39

ふと思い出して覗いてみたらビックリポンです。私1960年生まれなので、ま~り~さんとは同じ時期に通っていましたね^^上杉山通り小学校ですが数年前に立て替えてしまいました、解体前に開放したのですが行けなくて、自分たちの埋めたタイムカプセルも開けたのを見に行けなくて残念です。

コメントを書く