寡黙な職人に思いを馳せて

2010年6月 2日 (水)

夏の相棒、出番もうすぐ 蚊やり豚づくり最盛期 三重
本番を前に、早くも三重県菰野町永井の萬古(ばんこ)焼メーカー「三鈴陶器(みすずとうき)」では、蚊取り線香を取り付ける「蚊やり豚」づくりが最盛期を…

「キンチョウの夏、日本の夏」は名コピー。
今年もそんな季節の到来か。

萬古焼は、土鍋の国内シェアの7割ほどを占める。
炻器(せっき)といって、陶器と磁器の中間にある陶磁器だ。

ええと、写真のブタは、まだ釉薬かかってません。よね?
炻器が特別なんじゃないですよね???

今とっても出西窯(しゅっさいがま・島根県)に行きたい気分。
用の美だけをひたすら追求する職人さんたちに無性に会いたい。
帰ったら出西窯のお皿にしよう。

コメント

"寡黙な職人に思いを馳せて"へのコメントはまだありません。

コメントを書く