盲導犬のおしごと

2010年1月19日 (火)

育てた盲導犬に「ありがとう」 受刑者たちの涙の別れ

官民が共同運営する刑務所・島根あさひ社会復帰促進センター(島根県浜田市)で18日、受刑者が盲導犬候補を育てる国内初の更生2010年1月19日(火) asahi.com

盲導犬が、人を二度助ける。
二度目は目が不自由な人のパートナーとして。
それ以前に、なにかが欠けちゃった人のかけがえのないパートナーとして。

すごい矯正プログラムだ。
慈しむ寛容の心なんて。
身につけようとしてつくものではなし。
ましてや普段の暮らしで、慈しむ気持ちを自分のなかに育もうだなんても思うはずもなし。
それでも、こうしてともに暮らすことで
芽生えていく思いがあるんだな。
それに気がつくことがあるんだな。
かけがえのないものへの大切な思い。

コメント

"盲導犬のおしごと"へのコメントはまだありません。

コメントを書く