熊本城はきっと10年で立ち直る!

2016年7月 8日 (金)

100319002040_s7650241

在りし日の熊本城 本丸前(熊本城公式サイトより)

 

1607年、清正公さん(せいしょこさん)こと加藤清正築城。

西南戦争の戦場となったことでも知られる。西郷さんに

「おいどんは官軍に負けたとじゃなか。清正公に負けたとでごわす」

と言わしめた、それは堅牢なお城。日本三大名城のひとつでもある。

 

その熊本城が、熊本地震で甚大な被害を受けた。

熊本城は石垣修復に350億円(文化庁試算)建造物の被害状況はまだわからないそう。

朝日新聞デジタル(リンク

 

復旧には20年かかるのではないかといわれている一方で

先日出席した、「第1回 九州魅力発掘大賞 表彰式」では

20年と言われるのなら、10年でやりとげたい」という力強い声を聞いた。

熊本城の観光ボランティアガイドである「くまもとよかとこ案内人の会」吉村徹夫会長だった。

 

「実は熊本城は被災と復旧を繰り返してここまで来た。

江戸時代には地震で3回、風水害で6回被害を受けて、

そのたび清正公さんの建てた通りに修復している。

江戸時代から大切に保存してきたからこそ、現在の熊本城がある。

今回の地震で大きな被害を受けてしまったが

先人に恥じないように、私達も清正公の熊本城を守り、しっかり修復していきたい。

そして力強くここから復活していく熊本城を、たくさんの人に見てほしい。

私達が心をこめて、その修復する過程をしっかりガイドをするから」と、吉村会長。

 

熊本城公式HP ※一口城主制度の詳細ありリンク

くまもとよかとこ案内人の会リンク) 
※無料だが、ガイドの交通費2000円は必要。3日前までに要予約

熊本県への義援金一覧(熊本県公式サイトより)リンク

 

 

表彰式の会場のモニターで、傷ついた熊本城が映し出されるのを見て泣けた。

熊本地震のニュースで、大怪我をした熊本城の映像が映し出されると、そのたび涙腺崩壊。

何度見ても泣けてきちゃうことに、はじめは自分でも驚いていた。

 

私自身も熊本出身だが、家族の中でも、私が実際に熊本に住んだのは生後1年間だけ。

各地を転々として育っているので、故郷と呼べる場所はない。

1年しか住んでいないから、「熊本出身」というのも気恥ずかしいような、後ろめたいような。

なのに、はからずも今回の地震で、自分の中に流れる熊本の血を、強く意識することになった。

 

震災の被害映像を見るとつらさや苦しさを感じるのはみんなそうだと思う。

東北の地震のときもそうだった。TVを直視できなくなる。

でも、それともちょっと違って、体の奥がえぐられるような痛みに近い。

その痛みについて、実家の母(熊本出身・大分在住)に尋ねてみたら、当たり前だと言われた。

「熊本城は私達の象徴だもの」そんなことを言った。

熊本城が自分のアイデンティティになっている、それならわかる。

父も母もお城とともに暮らしてきた人だし、

兄は婚姻のときに決める本籍地を、熊本城の住所にしたような人だし。

自分は1年しかいなかったので、そんなに縁深くはないと思っていたけれど

どうやらそんな問題ではなかったことに半世紀経って気づいた。

 

先の吉村会長の話を聞きながら、泣けるのをぐっと我慢していた。

そう。熊本はきっと蘇る。かならず元気になる。

そしてお城も、きっと大怪我から立ち直る!

 

そういえば、東京に来たとき、「清正公前」という交差点の看板を見て驚喜した。

「せいしょこさん、東京にも名前が残ってるなんて、すごーい!!!」

 

今年のぼした祭り(「藤崎八旛宮秋季例大祭」)は開催されるだろうか。

こんな時だからこそ開催されるといいな。

 

 

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ「夏を楽しむヘルシーサマーフレンチ」

2016年7月 1日 (金)

プレス発表会に参加させていただきましたのでレポートします。

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイのファインダイニング ラ・プロヴァンス

7/15(金)~8/31(水)まで展開する夏メニューの試食会です。

 

今関一久料理長が「今年は昨年を上回る猛暑らしい」という報道を受けて

料理の持つ癒しの力で、体にやさしいメニューを考案したのが今回の夏メニュー。

冷房でつめたく冷えてしまう体を温め、元気にしてくれる料理が並びます。

忘れないように、まずは気になる料金を……

「夏を楽しむヘルシーサマーフレンチ」(すべて税・サ料12%別)

ランチ平日3619円~、土日祝3949円~

ディナー平日6476円~、土日祝7065円~

※値段によって含まれる料理が異なります。より利用しやすいように、価格に幅を持たせたそうです。

 

 

【コース料理の中から試食は以下のとおり】

○食前酒

アイスシャンパン 「ブーブクリコ リッチ」

“野菜やフルーツを入れてシャンパンとのマリアージュも楽しめます”とのことですが

お酒が1滴も飲めないので、お味がレポートできません。ごめんなさい。

参加したみなさんは、意外な組み合わせを楽しんでいらっしゃいました。

ほかにロゼワインもおすすめだそうです。プロヴァンス地方では、夏の定番はロゼなんですって。

知らなかったな。
Img_7168

 

○前菜

パレット・アート・オードブル

同店のシグネチャーメニューでもある、前菜の「パレット・アート・オードブル」は

さながら陰陽五行を意識したかのような酸味、苦み、旨み、甘味、辛み、

さらには滋味とえぐ味もプラスして、7種の味覚が勢揃い。

7種類! 7色、虹色の味ですよ! ワクワクしながらひとつ、またひとつといただきます。

これだけでいただいても非の打ち所がありませんが、さらに

好みで使えるように2種類のソース(レモンエピスシャンティとグリビッシュソース)と

2種類の塩(竹炭塩とヒマラヤピンクソルト)が彩りとして添えられ、心ニクイ限り。

おいしいし、楽しいし、とても素敵なプロローグです。
Img_7181

 

○メインディッシュ

鶉(うずら)のファルシ フォアグラとフランス産キノコのリゾット 生姜風味のソース

秀逸でした。誤解を恐れずにあえて言うと

極上リゾットの海苔巻き寿司、みたいな感じ。サプライズ感がハンパありません。

周りを見渡して少し悩み、ええい、食べちゃえ! と

一切れまるごとお口の中へ(多分お行儀悪いと思いますが!)。

キノコの豊かな風味とフォアグラのバランスが素晴らしく

しっかりした味付けの鶉が、それらをふんわりまとめる感じ。

食べ終わるのが惜しいくらいのひと皿でした。

あれ、海苔巻きみたいにぱくっとひと口でいくのが、いちばんおいしいと思うなぁ。

エレガントじゃないですか? すみません。
Img_7187

 

○アヴァンデセール

エルダーフラワーとカモミールのハーブジュレ

さっぱりした甘味と、マスカットのさわやかな香りで、お口がさっぱり。

オールマイティな薬効で女性に大人気のハーブ、エルダーフラワー。

こういう食材をさりげなく取り入れるところが

オンナ心をわかっていらっしゃるなと思います。

そう。このコースは、女性の気持ちがグッと上がる構成となっているんですね。
Img_7188

 

○グランデセール

木イチゴとチョコレートのガトーミルフィーユ ブロンドチョコレートのムース

ピスタチオのアイスクリーム

デセールはどれも濃厚なお味。締めにふさわしく、満足感が高いです。

料理長のメッセージが書かれたプレートに心つかまれます。

デートの時に、ここになんか書かれてあったら……(遠い目)。
Img_7189

 

 

ファインダイニング ラ・プロヴァンス 今関一久料理長。

こちらのホテルはどのレストランでも美と健康を意識したメニューが楽しめますが

医食同源さながらに、食材を学ばれているのに感服いたします。フランス料理なのに!

そんな努力があるからこそ、ヘルシーフレンチが叶うわけですね。
Fullsizerender_1

 

 

ホテル インターコンチネンタル 東京ベイ のこと

2011年にツカダ・グローバルホールディングの運営となり

2011年には婚礼件数が330件/年だったのが、

2014年には840件/年という、ものすごい数字をたたき出しています。

つまり、非常に勢いのあるホテルだということです。

勢いがあるということは面白いということ。

だから、企画されるフェアやプランなどにパワーがあります。

そして、完全に女性仕様のホテルなのもうれしいところ。

おっさんやキッズの天下になることなく、女性が心おきなくゆったりくろげるホテルです。

そして「恋愛仕様」といっても言い過ぎではありません。だから、ウエディングも元気!

 

女性の心をつかんでいるという点では、

 

イベントレストラン 森のビアガーデン by InterContinental Tokyo Bay」。

今年も7/1にオープンしました。

まるで森の中にいるような気分にさせてくれる

東京ベイの夜景を楽しめるバンケットで、汗をかかず、エレガントにビールを楽しむひととき。

ヘルシー・ビューティ・フレッシュと三拍子揃ったお料理も楽しみです。

2名以上での利用で、16000円(税・サ料込み)。

 

ホテル館内はひと言で言えばエレガント。

洗練されたコーディネートは、さすが塚田啓子さん(専務取締役)!!

ひと目見て「あ、塚田さんだ!」とわかるコーディネート。

それでいていつも進化し続けているのに感服します。

下の写真は館内の「ニューヨークラウンジ」。

アジアンテイストとニューヨークセンスが見事に融合したラグジュアリーな空間です。

アートワークも、ライトデザインも、調度品もなにもかもクール&エレガント。

ドラマのロケーションにも時々使われるのも納得です。
Fullsizerender

 

そうそう。

ツカダ・ホールディングはストリングスホテルブランドで

これから、2018年に新宿に進出するほか、表参道、ハワイにも計画があるそうです。

ますます目が離せませんね。

 

『ポエタロ』と『日本の神様カード』 ~『ポエタロ』ワークショップ レポート~

2016年6月20日 (月)

この『ポエタロ』のワークショップがあるというので

増田社長のご厚意に甘えて参加させていただきました。報告します。

Amazonの評価、すごくいいですね。

「あれ、なんだか既視感!?」そう感じたあなたは鋭いです。

これは詳しく後述いたします。

 

まずはさておき、

ワークショップに参加してみて、私がこのカードをおすすめしたいポイント5つ。

 

1 眺めて楽しい。たたずまいがいい。

 デナリさんの絵がとてもよいです。そしてそこにある詩文にハッとします。

 引かずに、ただパタパタカードの詩文を読んでいるだけでもとても楽しい。

 言葉の力を感じます。私が詩を書くせいなのか? いや、そうじゃないと思うな! 

 

2 イメージがふくらませやすい。

 これは「たたずまいがいい」からとも思いますが、

たたずまいに惹かれてこちらがカードの世界にすんなり入っていける分

 カードのほうも潜在意識との電話線(後述)としてしっかり活躍してくれるように思いました。

 

 ところで『ポエタロ』の47枚のカードは

源、生命、人間、道具、つながり、やすらぎ、変容、宇宙という

つのジャンル(12星座の“エレメント”分割的なもの。ポエタロでは、各カードに示された言葉を“エレメント”としています)に分かれています。

これらの言葉を並べてみると

大いなるものから生まれ、肉体を得て、体験と経験を経て、やがてまた宇宙に還るまでの

魂の壮大な旅の物語、みたいなイメージがありませんか?

その物語が、引いたカードをリーディングする際に、サポートしてくれるように思います。

 

 

3 1枚引きに適している。つまり使いやすい!

私は非常に面倒臭がりで不器用なので、引き方もシンプルなのがいいです。

 なので、1枚引きでメッセージがシンプルをキャッチできる『ポエタロ』は、

『日本の神様カード』(後述)同様に使いやすいです。

 じっくりやりたい人は3枚引きもできるそうです。

 本日のワークショップでは「カードの裏メッセージ」の存在を教えてもらいました。

 シャッフルしたカードの一番下にあるカードは「裏メッセージ」なのだそうです。

 1枚引きして意味がよくわからないときに使うといいとのこと。面白いですね。

 

4 やさしい

『日本の神様カード』が好きな人は好きだと思います。

言葉に思いやりがありますから。

なにか深いところからメッセージがあるならば(※後述)、

それは愛にあふれたやさしい言葉であるはずだと

いつも私は思っています。

 

5 マテリアルがいい

箱の厚さとコーティング、カードのコーティング(いずれもPP加工)、

 しっかり質量があって、宝物カードの存在感です。

 こういうことって、大事だと思うなぁ。

 カードに描かれた女性は

「目に見えないものに形を与えたら、こんな女性なのかも」……そんな気持ちになります。

 運命の女神と感じる人もいるかもしれないし、

自分に深く眠る「私」、そう感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

以下思うままに。長文です。

 

そもそもオラクルカードってなに?

占い好きの女性が、1組は持っているんじゃないかと思われるのがオラクルカード。

タロットがその代表格だと、私は思っています。

※まどろっこしい言い方ですが「タロットはオラクルじゃない」とおっしゃっる方もおられますので。

「オラクル」をウィキで調べると、最初に「預言、神託、神の言葉」と出てきます。

昨今はIT用語として認識されている方もいるかもしれません。

要は、そのカードを使って、なにか大きなものからメッセージをもらうツールというのが

オラクルカードの役割です。

 

なにか大きなもの? 

神様だったり、天使だったり、宇宙だったり、なにかこう、大きなものです。

私は、その大きなもの=自分の潜在意識だと思っています。あるいは集合無意識的なものかもしれません。どちらにせよ、自己と深くつながっているイメージです。

 

自分の潜在意識ですから、顕在意識(自分で意識できる範囲の意識のこと)にはのぼってこないけれど、

すでに、ほんとうは、自分は答えを知っている、ということになります。

もしくは集合無意識にアクセスして(潜在意識は集合無意識とつながっていると考えられています)…

 

だれでも潜在意識からのメッセージを簡単に読み解くことができればいいけれど

じつは広く目を向けると、メッセージはたくさん飛んでいるんですが(と、私は思います。これが「外応」)

私も含めて一般の人には、通常の状態で、そのメッセージなり神託なり、キャッチするのが難しいので

そのアンテナのためにオラクルカードを使うということになります。

 

オラクルカードは通常、イマジネーションが膨らむ、素敵なイラストがついています。

引いたとき、そのイラストや文言から、自分が受け取るイメージが非常に重要です。

 ※タロットなど、法則をもとに作られているものは、カードに描かれた意味だけでなく、

その法則を理解していることが欠かせないだろうと思われます。

 

ですから、たとえば未来について、カードは告げてはくれますが、

実際にはスピーカーやアンプ、電話線の役割を果たしているのであって

告げているのは、自分も気づいていない、自分も意識できないほど深いところの自分である

そのように理解しています。

そう。カードって、ツールなんです。だから、オラクルカードは楽しい。

潜在意識とか、集合無意識とか、もしかしたら宇宙と

つながる感覚を持てるから。

「ワタシウソツカナイ」。自分だもの。そりゃそうだよ。

 

ところで、私は前述した『日本の神様カード』(ヴィジョナリー・カンパニー刊)が大好きです。

子どもの頃から八百万の神々に親しんでいますので、神様のお名前見るだけで、もう気分が上がります。

年の初めには必ず三枚引いて、PDFにしてPCのいつでも見えるところに保存している徹底ぶりです。

 

タロットカードで「死神」とか「塔」とか出てくると、ヘコむ方も

多いと思うのですが(よくご存知な方はもちろん、そんなことはないと思いますけれど)

日本の神様カードは、どれをひいても神様だからとにかく元気が出ます。

解説書にはどの神社にお祀りされているとか、どんな神様だとかも書かれているので

神様と仲良くなれる気がするおまけ付きです。

 

その『日本の神様カードを“知人”に勧められ、様々な不調を抱えたご自身が元気になったという経緯をお持ちで

「こんなに人を元気にするのがオラクルカードなら、自分も作りたい」と

一念発起して取り組まれたのが、

作詞家、詩人、最近では歌手としても活躍されていらっしゃる

『ポエタロ』の生みの親、覚和歌子(かくわかこ)さん。

もしもお名前を聞いてピンとこなくても

「『千と千尋の神隠し』の主題歌を書いた方!」と聞くと、

きっとぽーんと膝を叩かれるのではないでしょうか。

私の大好きなムーンライダースの「Bitter Rose」も作詞されています。

(ついでに、収録されたアルバム『P.W Babies Paperback』は、イラストレーターの福田利之さんのジャケットねっ!)

 

その、勧めた“知人”というが、大野舞さんこと、旅するイラストレーター・デナリさん。

大野舞さんは、『日本の神様カード』のイラストを描いた方なのです。

冒頭の“既視感”の理由がおわかりいただけたでしょうか。

 

大野舞さんのお母様が大野百合子先生。日本の神様カードの作者です。

大野先生の人を癒すことハンパないことはご存知の方も多いはず。

私も退行催眠で二度お世話になっています。

 古いブログ記事で恐縮です(退行催眠ネタ。2011年1月) 

 

そんなこんなで、カードを世に出そうと版元を探すも諸般の事情でまさかの苦戦。

そんな折り、運命的に巡り会った版元が地湧社さんだったそうですよ。

私も、最初聞いたときには「え、地湧社がオラクルカード!?」と、正直思いました。

ええ、私の書架にも『アウト・オン・ア・リム』があります(もちろんほかにも!)。

だからこそいっそう興味が募るというか。

逆説的にいうと、地湧社の出すオラクルカードなら、

きっちり“仕事”をするカードなのではないか。

つまり、使う人が幸せになったり、豊かになったり、そんな働きが想定されるのでは?

そんな期待感が満ち満ちます。

 

 

今回ワークショップに参加させていただいて

その直感は正しかったと感じました。

1時間半のワークショップは実践中心です。

2人ひと組のグループとなり、参加者全員共通テーマを2つ(2つ目のテーマは自分の好きにしても構いません)、

カードを引いてリーディングを行います。

「リーディング」という言葉はあまり用いず、あくまでイマジネーションの膨らませ方を体感しますから

カードなんて初めてだわという方にも平易だろうし、好感がもてました。

参加者が気後れせずにすむ配慮がありました。

 

すでに購入された読者から「難解だった」と意見が寄せられたカードの意味を

あらためておさらいしてくれるのも親切でした。

こうしたフィードバックはいいですね。

ちょっとした解説があると、その先自分で展開させていくことができますから。

 

今回参加者は女性だけでしたが、男性のユーザーが多いのもこのカードの特徴かもしれません。

オラクルカードにしては珍しいんじゃないでしょうか。

地湧社さんへの申し込みの1/3は男性なのだそうですよ。

 

後半30分は、覚和歌子さんのトーク&ミニライブ。

覚さんから、このカードを引いた方のスペシャルエピソードも教えてくださいました。

次のワークショップでネタバレだとまずいので

内容は実際に参加してのお楽しみです。

 

覚さんのおっしゃった

「私が作ったし、詩文を書きましたが、私ではないい何かに書かされた感じ」という言葉が

『ポエタロ』生誕の物語を言い得ていると思います。

そういう役割をするものってありますよね。

 

ですから私も、たくさんの方が『ポエタロ』を

「あっ、そうだったんだ!」みたいな、気づきのツールにされるといいなと思いました。

私も『日本の神様カード』と『ポエタロ』、二刀流でいこうかと考える今日この頃です。

 

覚和歌子さんの歌は

ご自身で詩を書かれるせいだと思いますが

歌詞の譜割りが素晴らしく、非常に言葉が立ってキラキラしています。

覚さんの透明感のあるやさしい声にのって、放たれた言葉が水のように浸みてくるんです。

だもんで、思いがけず、ちょっとうるっとしたりして。

思いがけず濃く、素晴らしい30分でした。体感時間は5分(←ずっと聴いていたかったな)。

 

ポエタロワークショップはこれからも開催される予定だそうです。

今後の予定も出るのではないでしょうか。

ワークショップは何度行っても楽しいように思います。

ポエタロガーデン

地湧社ホームページ ここからネット通販OK。

 

こちらがお世話になっている『日本の神様カード』。

『ポエタロ』。 なんかもう、ハマる予感しかない。
おまけ。

ワークショップで、「2016年の下半期のテーマは?」で出てきた私のカード。

「渦」でした。うず、と読んでくださいよ!

Img_7095

 

もうひとつのテーマは、で、「私に言いたいことあります?」で出てきた私のカードは

「穴」でした。裏メッセージをご覧になるといいですよ、と伺ったので引いてみたら「火」。

とても元気をいただきました!

「渦」も「穴」も宇宙ジャンルのカードです。「火」は源ジャンル。

Img_7096

Img_7097

 

最後に。

ポエタロワークショップの司会進行役の田口桃さんが

とてもお若いのに(19歳だそうです)、非常ににこやかに進行されるのが素晴らしく

どんな訓練を積んだ方なんだ!? と思っていたら、田口ランディさんのお嬢さんでした。

なんだろう、このパイがきっちり揃った感じ。

キッチン床ワックスをはがす ⇒ 蜜ろうワックスにするんだ!

2016年4月12日 (火)

 

今の部屋に住んでもうすぐ3年。

リビングキッチン床のワックスが黒ずんで見えるのが気になっていた。

年末に自分でワックス掛けしてみたものの、黒ずみ問題が気になる。

とれかけとか、そういう問題じゃなくて、なんだかワックス自体が気になってきた。

「床にはワックスかけるもの」って、ふつうみたいだけど、そんなんでいいんだろうか。

 

ワックスなんて、学校の教室でしか馴染みがなく、実家で使った試しはない。

そんなハイカラな家じゃなかった。

そういえば子どもの頃、床に椿の実の油とかすり込んでいたことがあったっけなぁ。

昔の日本家屋はどうしていたんだろう。大名屋敷とか。

 

キッチンだから、できるなら調理のたびごとにガーッと水拭きしたいけど

ワックスだとままならない(気がする)。

はずみで床に落ちた食材を、拾って洗って口にしても平気なものかどうかも気になる。

ちょっと水拭きしたら、拭けば拭くほどほどぞうきんが真っ黒になってがっかりする……

スリッパで歩くときにぺったんぺったんする……。裸足で歩きたくない。

 

新しく塗り直すのがいいのか、でもな、どっちにしてもなんか気持ち悪い。

安全なワックスを探していたら蜜蝋ワックスにたどりつき

ケミカルはいったんオフしなければいけないと知り、

晴れてワックスはがすことにした。

これでもやもやから解放されて、裸足で心地よい床になる!

 

使ったのはこちら。レビューを読んだら、初心者にもできそうだったので。

YouTubeにワックスはがしの動画もあったので、それも参考にしながらやってみた。

上の商品はスポンジ付きなのが便利だった。

用意したものは、

バケツに水……落としたあと、ぞうきんで3回水拭きらしいので

ぞうきん……  〃

ナイロンたわし……付属スポンジではがれるかが不安だったので

ペーパータオル……なんとなく(後述のヘラを使ってからはマストアイテム。新聞紙でもいい)

あとですぐ、ヘラを購入(後述)

 

1平方メートルずつを目安に。一度にたくさんやりすぎないこと」と書いてあったけど。

液体の渇き方が均一になった状態のほうが良さそうなので、

実際には50くらいずつやるのがおすすめ。

まあ、気に入らなかったらあとで何度でもトライすればいいのだ、のんきにいきましょう。

 

ビフォアアフターはこんな感じ。向かって右がオフした床。

オフしたら床が白いのにびっくり。

Fullsizerender_3

一回トライしてから、やはりヘラがあったほうが断然便利と気づき、
その日の夜、密林でポチしたのがこちら。

このヘラ、素晴らしかったです。翌日、これが届いてから、圧倒的に作業効率が上がり、俄然楽しくなりました。

カーボン製で丈夫。壊れないし、床も傷つきにくいみたい。

 

 

一応一巡してはがし終えたけれど、トータルで見ると

完璧ではないところがあるので、あとでゆっくり細部を仕上げる(はがす)つもり。

 

ついでに、食卓にしているお膳のワックスも気になってきたので、

これもはがしにかかっているところ(まだ剥離剤はなくならない!)。

 

今のところは床が気持ち良くて気持ち良くて、

このままでもいいんじゃないかとすら思っているところだけど

細部もきれいにはがせたら、これ塗ります。購入済み。

木製の食器にも使える安心素材らしいです。

のんびりぬりぬりするのも楽しそう。

こちらの蜜ろうワックス、種類があるので、よく読んで選んでください。

これで落としたものも平気で食べられます……

クラウンデンス症候群

2016年3月 3日 (木)

WEBで調べてもデータが探せず困ったので

自分の場合を残しておきます。誰かのお役に立ちますように。

発病して10ヵ月経ち、今はずいぶん元気ですからご心配なく!

 

20156月のこと。

「なんだか寝違えちゃったみたい」

首の違和感を感じて、仕事中にストレッチを繰り返す日が2、3日続いた。

その“寝違い”は治らず、50歳の誕生日の前日、激痛とともに上半身がみるみる動かなくなっていった。

首が痛い、頭が痛い、後頭部が激痛。左耳が痛い。だんだん聞こえなくなってくる。唾を飲み込むのも痛い。

19時ごろ、「体調が悪いので早引きします」といって早退したものの、

駅に向かう5分の道のりを歩くのに30分かかった。

 

 一晩寝て休養して、明日に備える予定だったのだが、帰宅した時点でそんな悠長なことを言っておれない状態になったので

夫に付き添ってもらいそのまま救急病院へ。

到着したら車いすに乗せてもらい診察室に入った。

 

 

じつはここ半年くらい、いつもの頭痛(ほぼ前頭葉)とぜんぜん違うところが時折痛むのに気づいていた。

後頭部に鋭い痛みが走ることがたまにあったが、多くは瞬間に通り過ぎた。

だから今回のは「きっと脳かな。脳って、ダメージを受けた場所がきれいに画像にあらわれるものかしら」とぼんやり思っていた。

 

医師に、動作のひとつひとつ(できるかできないか)、感じるのか感じないのか、しゃべれるのか、しゃべれないのかを確認されるのだが

痛みでだんだん気が遠のいていく。

「痛みでできないのか、その動作そのものができないのか、大事なことなんだ!!」と先生に叱られようとも、力が入らない、もう無理…。

 

CTに連れていかれたときに、「これじゃ見つかりっこない」と思っていた。

MRIじゃないとむりっぽい気がする。

それにしても、CTの検査を受けながら、技師に「横向いて」「うつぶせて」と言われるのだが、

体がもうまったく動かせない。悔しくて涙が出た。

 

 

診察室に戻ると、医師に「クラウンデンス症候群でしょう」と告げられた。知らない名前だ。

頸椎1番・2番、すなわち環椎・軸椎のトラブルで、これらが石灰化を引き起こし、炎症を起こしていること。

CTだかレントゲンの写真を見ると、説明されたとおり、軸椎の歯突起の上に、クラウンが被さっていた。

またの名を「環軸関節偽痛風」。

頸椎にはほかにも骨棘(こっしょう)も多くあり様々に炎症を起こしていることなどの説明を受けた。

(後日肩の筋肉中にも石灰化したもの(骨棘?)が天の川状に散らばっていることが判明)

 

そういえば夫も、肩先で石灰化したヤツが神経にいたずらして、苦しんでいたことがあったっけ。

彼の場合は石灰化した部分を粉砕したら嘘のように治った。

「この痛みを治すには?」と尋ねたら

「場所が場所だけに、石灰化した異変を粉砕することはできない。痛み止めの点滴をしたあとでロキソニンを出します」と医師。言われた瞬間に私がにらんだのを感じたのか即座に

「いえ、ロキソニンといっても、クラウンデンツ症候群の場合は、炎症を止める作用があるんです。ただの痛み止めとして使うわけではありません」とエクスキューズが入った。

 

点滴の効果もあるだろうけど、処方されたロキソニンもよく効いて

とにもかくにも翌、50歳の誕生日の朝、起きあがることができて

頸椎固定装具(首輪みたいなやつ)をつけて出社することができた。前日のことを思えば奇跡! 不思議な感覚だった。

「健康がテーマの50歳かもしらん」と思った。

 

 

 

それにしても想定外の病気になっちゃうもんだ。それも突然に。

どうやら高齢の女性に多く見られるらしい。……もしかして、もう高齢者の仲間入り!?

いろいろ調べて、「歯突起の周りに、ピロリン酸カルシウムがたまって起きる」というクラウンデンス症候群のメカニズムはわかっても

なぜピロちゃんが溜まるのかはよくわからないらしい。

とはいえ、以前と同じ事をしていて、またなってしまえば元も子もないので

わからないなりに、なにか改善しなければ……ということで、改善したのが以下5つ。

 

1 イスに座っての仕事をやめ、完全スタンディングに変えた

2 夜眠るときの枕をものすごく薄いものにした(2㎝くらいの低反発、腕用枕を頭に代用)

  出張時などは、タオルを4つ折りにして使用。バスタオルは厚すぎてだめ。

3 うつぶせ寝を改めた(極力しないように心がけている。それまではうつぶせ寝だった)

4 夜、横を向く方向を変えた(左向きに寝ていたのを、右向きに。痛みがあったのが左側だったので)

5 校正紙は壁に貼って読むことがある(下向き続きを避けるため)

 

 

できるだけ、筋肉のこわばりをとろうと思うんだけど、なかなか難しい。

NG姿勢は、腹ばいと俯せ。

元気なときから、首を曲げるのは痛いので苦手だったけど、今はそれが顕著になった感じ。

もともと弱かった部分に症状が起きるとうことなんだろうか。

なにかあれば、また報告します。

 

へんな寝違え感が発作の前兆だから、前兆が出た瞬間にロキソニンで押さえつけていたら

ほぼ半年たって、様子がおかしくて不安になるのは月に一度くらいに減ってきた。

よしよし。

肉体的な疲れが溜まると前兆がくるので、関係がありそうと、言えなくもない(超仮定)。

同じ姿勢をとり続けて負担をかけないようにすれば、

大丈夫、うまくつきあえるのではないかと思っている。

ただ、ロキソニンは飲み過ぎたらダメ。恐くてつい飲みたくなるけど

「ロキソニン」「副作用」を検索したら、きっとげんなりすると思う。

薬に頼らない努力をしていただきいと思う。

 

WEB検索してもクラウンデンス症候群のデータはわずかだったので私のベースを少し残しておきます。

早くちゃんと治療や対策ができるようになるといいなぁ。

 

・小学生から肩こりのひどい子ども。

・肩こりが高じて、十代の後半は肩に画鋲が入っているような鋭い痛みあり。

  ⇒今にして思えば、あれはすでに骨棘が散らばっていたせいなのか(あくまで想像)。

・二十代前半で、肩の痛み・凝りの感覚が麻痺

・首の骨を鳴らすのが大好きで、しょっちゅうやっていた(ここ15年くらいはしなくなっていたが、バキバキはダメだったんだろうなぁ。「首を鳴らすと脳波がゼロになってよ!」という都市伝説があったが、違うな。骨が摩耗しちゃうんだ、きっと)

・二十代後半、足のしびれで受診し、頸椎・腰椎の異常で麻痺が起きていると医師に指摘され、治療の「けん引」で気分が悪くなり、治療から脱落。

以降、指圧、整体、マッサージ、カイロ、鍼灸ほか、さまざまな治療を試して、今はTDEのエネルギーワークに落ち着く。

・関係あるのかないのか、右足首だけが腫れ上がるのが続いていた(結局これは足首のガングリオンだった)。偶然併発なのか? 
右足首はまったくまわらなくなっていたけど。


何が関係していて、関係していないのか、まったくわかんないなー。

 

内山健二郎フェス at高円寺SHOW BOAT 終了しました!

2015年8月10日 (月)

盛況のうちに無事終了いたしました。

都合をつけてお運びいただいたみなさん、

TwitterFBでリツイートやシェアで情報拡散してくださったみなさん、

どうもありがとうございました。

 

今回は、健さんの現在のバンド3つが1日に集結するという

夢のイベントでした。いつか見てみたいと心の中では思っていたものの

こんなにはやく実現しちゃうなんて、びっくりです。

50歳で、夢のようなライブで歌いまくれて、たくさんの人に見ていただけて

健さんもうれしいやろなぁと思います。

 

 

関係ありませんが、個人的な反省点としては

1 映像撮り忘れた  
2 音源も録ってない 
3 写真がほとんど失敗した 

(>_<)

 

まあいい。次に期待しましょう。

次? 中野サンプラザあたりをイメージしています。個人的に。

 

というわけで、ほとんどない写真から、撮って出しです。

Wellcome_3400

SHOW BOATのウェルカムボード。

愛を感じました。いいチラシ、いいボード。

(屋外・静物は撮れてます、さすがに)

 

Smile_3413 前座のスマイル兄弟。

いつもは飲み屋とかバーとかで小さくやるので

なんだか晴れ舞台ぽかったです。

というのもたくさんの方に、前座からお越しいただけまして。

ミサイルのボツ曲(女々しい曲とか、メロウなヤツとか)を歌いますが

これがいいんです。

 

Smile1_3412_2 わかる人にはわかる。

「ヘリコプターが頭の中を飛んでる」とこですね。
地獄の黙示録的……。

 

Disco_3755
ゲストのDISCO20000はエッジが効いててさすがのステージ。

笑うに笑えないシュールなシーンも続出。

でもごめんなさい。写真撮れていませんでした。みやちゃん、許してください。

DISCO20000の恒例イベント「ミヤコピア2015」は830()

東京高円寺阿波おどりとかぶってますから、阿波おどりに来る方は

SHOW BOATへも寄ってください。

http://www.disco20000.com/miyakoclub/MIYAKO_CLUB.html

 

_3538 ザ・ポーキーズ。

ミサイルカウンターで見てましたが

後ろのほうでは、踊りまくっている中年カップルがいて、とてもHAPPYでした。

ミサイルカウンターからは、左端・奥が定位置の、リーダー(ベース)が死角。

辛うじて画角に入ったのがこちら。

いやもうほんとに、素敵なダンスバンド(ソウルバンド、ていわなきゃだめかな)。

みんなかっこいいねー。

 

で、ポーキーズとミサイルが、そのまま続いたのに、結構びっくり。

やるじゃないか、健さん。

Ideimg_3553

ミサイル兄弟はこの日、ロッキーのテーマではなく

イデさんボーカルでトリオでやる「キャットフィッシュ」からスタート。

いきなりシビれました。

_3725

_3590_2

で、健さん登場。「抱きつきたい」などのお馴染みのナンバーも。

メンバー不動でもうすぐ結成20年。

グルーブ感と、しみてくる歌詞と、ダサカッコイイ感じ。

あえて「ダサ」つけましたけど、初めて見たときから今までずっと

見るたび「カッケー!」と思ってます、ミサイル兄弟。

たたずまいがよろしい。

イデさん(ギター)、跳んでたなぁ。めっさカッコよかった!


Img_3741_2

ところで、

今はなき、パル音楽スタジオの吉田ママも駆けつけてくださいました。

この方がいなければ、ミサイル兄弟の1stCDは世に出ませんでした。

この日は1stのジャケットをはじめとしたADを担当した鬼山くんや

ミサイル兄弟の公式フォトグラファー(!?)の近藤くんもご子息と共にご来場。

古くからの健さんのダチです。

お客さんはもちろんですが、いろんな人たちに支えていただいてのもうすぐ20年。

ありがたいねぇ。

 

On3749

高円寺の猛獣使い、高円寺SHOW BOAT遠田亜希子店長ことおんちゃん。

クセのあるバンドマンたちと渡り合うのはたいへんだろうと思うんですが、

どこ吹く風で、いつも温かく見守ってくれます。

今回の無謀なプランも、ふたつ返事でのってくれたそうな。

フライヤーはおんちゃんがデザインしてくれました。

Img_3757

愛にあふれたフライヤー。ありがとう、高円寺SHOW BOAT!


めちゃめちゃ楽しかったです。

ちなみに、ミヤコピアの翌日8月31日(日)は、新高円寺UFO CLUBで

夏の終わりのミサイル兄弟ライブです。

ポーキーズは9月23日に吉祥寺で。


最新情報はツイッターでどうぞ(←自慢のiPhone6からお届けしています)。

https://twitter.com/missilebros

 

 

 

 

スタンディングワークをやってみた(1週間経過)

2015年6月30日 (火)

5月のことだ。品川シーズンテラスへ開業以前に取材で伺ったとき

スタンディングオフィスワークのレイアウト提案があり、心惹かれた。

(今さら、ですかね)

 

スタンディングワークスタイルは、座りっぱなしよりも健康にいいらしく

欧米ではずいぶん浸透しているという。

 

やったはいいけれど「やっぱり性にあわなかった」、なんてことを考えると

専用のデスクを買うのもためらわれるし、それなりに高価だし、

カウンターテーブル的であまり広くないのも気になる……。

サイトでいろいろ調べてみると、今のデスクに小さなテーブルをのせるだけで

簡易なものができるらしい。

 

カギは肘の角度と、PCの画面の角度らしい。

肘はほぼ90度がもっとも負担が少なくて

PCは…たしか20度見下げるくらいだそうだ。

ここにフラストレーションがあると、移行のハードルが上がってしまう。

 

「やってみようかなー」と思いつくとすぐできるのは

小さな会社ならではだ。

自宅から小さいテーブルとブロックを運んできて、デスクの上に置いたら、

高さバッチリのスタンディングデスクが完成した。

愉快なスタンディングデスク、プライス0円。

なかなかいい。

 

【メリット】

○首がラクになった(そもそものきっかけはこれ。衝撃の故障…詳細はまた今度)。

○集中しやすい(食後も、夕方の逢魔が時も眠くなりにくい)

○動きやすい(ピンポーン、「はーい」がやりやすい。「よっこらしょ」が消滅した)

○机の面積が広くなった(二段ベッド的に)。

○呑気性が改善した(想定外。夕方の腹部膨満感が圧倒的になくなった)

それもあって腹痛が減った。

○腹筋が少しついてきた。この分でウエスト絞るぞー。できる気がする。

○間食も減った。少食になった(「立って食べるのはお行儀悪い」というのが染みついて、食欲が減る。

間食以外も一回の食事量はやや少なくなってる)

○脚が疲れる(今まで上半身だけで動いていたので、「全身で働いてます」感が実にいい! )

○痩せた(1週間で1キロちょっと)

○座るよりも脚のむくみがマシ(むくむにはむくむ)

○なぜか普段が早歩きになるし、うちに帰ってからストレッチとかしちゃう。足が軽い!

○なんとなく前向きだ(アルマジロ姿勢にならないからかな)。姿勢の改善。

○家でも動きやすい(座って根っこが生えにくいというか)。

○夜、横になって5秒で眠れる。適度な疲労感。

 

【デメリット】

○立ち仕事に慣れていない人はかなりつらいかもしれない。

WEBでも「スタンディングワークはぜんぜん快適じゃなかった」人の体験談もあった。

はじめから無理は禁物と思ったものの、

 性格上、途中で座ると移行できないんじゃないかと思い、私はいきなり通しでトライした。

初日から12時間とか14時間立ってるけど、できちゃったなぁ。

○最初は脚と腰がものすごく痛かった! 

しかしおかげでほかの愁訴が全部飛んでしまう(これは素晴らしいと思った)。

 日数が進むにつれ、痛みからただの疲労に変わる感じ。

 若い頃、初めて書店で立ち仕事を経験したときは、足の裏やふくらはぎに

インドメタシン塗りたくってこなしていたけど、もはやそれほどでもない。

○座りつづけられなくなった。

 こんなにすぐ退化するものなのか?

ものの2時間イスに座っているだけで、お尻がつらい! 

○うちでは座ってやるので、その違いが少し微妙。 

○周囲に驚かれる(これは3日で慣れてもらえる)

 

 

そもそもパターンを変えることに興味があるので、こういうことになっているのだが

まるで引越ししたみたいな気分転換だ。

目線の高さを変えるだけで、こうまでいろいろ変わるとは驚き。

 

大きな職場で働いている方は難しいでしょうけど

個人の方、小さな職場の方、いかがですか。なかなか楽しいですよ。

手作り感満載ですが、快適♪
Img_1176_3

朝食で体質改善に成功した

2015年5月19日 (火)

この3月に夫が盲腸で入院したとき、

激低血圧(上70台・下40台)が発覚した。

本人は「ふつう」と言い張り、最初は一様に驚く医師たちも

「そうですか? 本当に大丈夫??」と鵜呑みにするので

退院と同時に彼の体質改善を図ることを密かに誓った。

 

それまで朝食は食べていなかったので

「朝、お味噌汁とかスープだけでも飲んでみる?」と提案すると

「魚があれば朝ご飯を食べる」と意外な答えが。やる気じゃん。

それじゃあ、がんばって朝ご飯食べよう! 

ついでに、昼ご飯もちゃんと食べられるように用意してみることにした。

それまで彼はカップラーメンとか、コンビニ系パンのお昼ご飯だったので

ご飯とおかずを用意するようにしてみたのだ。

 

朝ご飯のメニューは

玄米を超かるく一膳(ふつうの半膳くらい)

具だくさんのお味噌汁

or卵料理or肉料理 50g程度(焼き魚のときは大根おろし)

ぬか漬け

リンゴヨーグルトorグレープフルーツヨーグルト(どちらもはちみつ入り)

が基本。

 

朝ご飯を食べるために早起きするのも大変じゃないかと思うが

文句を言うこともなく、朝はごきげんで起きてくれるので助かる。

「あまちゃん」を見ながら、わりとゆっくり落ち着いて食べている。

小食だが、好き嫌いなくきれいに食べてくれる。食べ方が美しい。

作戦を遂行して2か月が過ぎた。


28日間は続けないと、効果は出ないだろうと踏んでいたけれど

効果はすぐあらわれた。

 

まず1週間で、夫がほぼお腹をこわさなくなった! スゴイ!

私は、お腹がゆるいのは、彼の個性だと思っていたのだが違っていた(申し訳ない)。

 

夫いわく、「ふつうにお通じがつくのは中学生以来」なんだそうだ。

つまり、30年ぶりということになる。

 

次に2週間して、盲腸の経過観察で病院に行ったら(手術じゃなく、薬で対応してもらっていた)

血圧は上が90、下が60台に戻っていた!! 素晴らしい!!

 

そのまま続けていて、ひと月過ぎたあたりに

夫の抜け毛が気にならなくなってきたのに気がついた!!! ブラボー!!!

年相応の薄毛だし、これも彼の個性だと思っていたのだが(申し訳ない)

…栄養失調だったのかもしれない。

栄養は、まず体に、ついで髪や爪にいくといわれるから

この線はありえる。

 

ところで少し前から、彼がビールの添加物でお腹を壊すのはわかっていた。

本を読んで気になったので

発泡酒をやめて、キリンの「一番搾り」みたいに

原材料:麦芽、ホップ 

のものに限定して飲んでもらうようにしたら、

ビール由来の下痢は解消していた。

アルコール添加とかコーンスターチなんかに、きっちり反応する模様。

 

ほかに、カップラーメン由来の下痢も多数あることが判明。

これはかんすいへの反応だろう。

さらに牛脂でも下痢になることが判明(私も上等な霜降り肉の焼肉なら同様になる)。

牛肉30g程度ならセーフ。週末は牛しゃぶでどうなるかを実験しようと思う。

 

1か月くらいで、彼の体重は2キロ増。

健康診断でほかはオールマイティなのにいつも「低体重」と「低血圧」だけが引っかかっていた。

なんとか50キロまで、健全に到達させたいところだ。

 

体の反応があまりに素直で、とてもおもしろい。

健康的になっていくのが「すくすく」と音が聞こえるみたい。

今回のことで確実に、寿命が30年はのびたように思う。

 

あのままもしも盲腸にならなかったらと思うと恐ろしいけれど

彼の体はとても賢く、きっと次なる訴えに出ていたと思う(どう来たものかは気になる)。

今は体はごきげんさんだ。

体ってホントよくできている。

いちばんいい状況になるように、体自らが周りを引っ張って行くみたいだ。


最近気に入っている玄米、こちら。私自身が九州産なので、阿蘇のお米大好き。


 

シールと手描きと

2015年5月17日 (日)

1

十代の頃、大阪の千日前のプランタンの通りはさんでお向かいあたりに

陶器屋さんがあって、1100円くらいの安いのが並んでいた。

この器もそこで購入したものだ。小鉢や小皿は1100円くらいで

角皿はそれでも600円で買えたように思う。30年前だけど。

ほかにもこのシリーズでいくつか買っている。

この青、波佐見っぽい。どうでしょう。

Iroiro

 

左は上の小鉢とは別の、小皿。

どの器も高台なし。フラットなので安定感がある。

底は滑らないように布目になっている(写真左上)。

お安いのに、仕事が細かく、素晴らしい。

 

手書き風……に見えるけれど、シール(という表現でいいかどうか)の模様。

作るとき、器の上に絵柄を置いてから焼き付ける。

効率のいい大量生産方法というわけだ。

2つを比べると、濃い・薄い、ハミダシ方など、柄がまったく同じでおもしろい。

2

(iPhone撮影の限界か。かなり歪んじゃう……)

で、こちらは手描きで、波佐見の永峰窯。

同じように見えるふたつの器の模様が、それぞれ細部が違っている。

3_2 4_2

たっぷりした大きさで、使い勝手がいい。

サラダを入れてよし、シチューやスープを入れてよしで出番が多い。

今日のお昼も、これに二色そぼろご飯を盛った。

ぽってりした縁がとくに好き。

ヘビーユースにもしっかり応えてくれている。

 

実はこれ、大阪の京橋時代(1990年くらい)の、大型ゴミの日の「出物」。

このときの収穫はすばらしく、今でも大事にしているものがほかにもある。

(素晴らしいのでまた後日!)

当時まだ大阪には、大型ゴミの日が月に一度あって

大型ゴミの日にはよく、近所をまわって拾ってきたものだ。

 

先日も吉祥寺で「よろしければどうぞ」と書かれた食器が

飲食店の前に置かれていたのをいただいてきた。

その辺は昔からあまり変わらない。

多少汚れていたけれど、家に帰って本気出して磨いたら、

とても器量よしだった。

 

※波佐見? シールの小鉢 直径11㎝、小皿 直径11センチ

 平皿 19㎝×24

 波佐見 永峰窯 ボウル 直径15

出西窯 切立小皿

2015年5月16日 (土)

Img_2482

あめ色といえば、ほかにあるうちのあめ色ちゃんがこちら。

出西窯の三.五寸皿で、ほぼ毎日ヘビーローテーションで使っている。

出西窯(しゅっさいがま)は、出雲への取材の帰り道に

フォトグラファーのなおちゃんの提案で寄り道したのだ。

出西窯には6連房の大きな登り窯があるのだが

ちょうど運良く、伺ったのは年3~4回行われる窯焚きの日で、

作業の様子を拝見させていただけた。

出西窯がどんなに素晴らしいかは今度書く。

私は赤絵に反応する傾向があるけれど

それ以上に、あめ色の器には反応するようだ。

たまらない気持ちになる。

記憶をたどると、子どもの頃、うちに1枚だけあったあめ色のパン皿。
洋食器だったと思うが(今から思えば北欧あたりの)、

いただきものだかノベルティだかで、仲間はずれみたいに1枚だけあった。

たぶん洋食器だったと思う。
その色の美しさ、出自不明の気高さといったら!

いっしょに買ったのが青の切立小皿。

Img_2489

この青の、深い海のような美しさ。それから縁のフォルム。

とても使いやすいお気に入りだ。

ペアで買ったのをひとつ割ってしまったので、ひとつだけになったけれど

お味噌汁の味見をするとき、そしてお玉置きに、ほぼ毎日使っている。


お手塩として使うのにも、切立小皿は主張があってとても好き。

同じものにもう一度出会えたら、すぐ購入してペアにしてあげたい。

 

出西窯だからこそ、それも夢ではないことがうれしい。

Img_2490
買ったときから、青の切立小皿には、ちょっぴり焼きムラがあった。

時間が経って、なんだかいい感じになっている。

あばたもえくぼだろうか。

出西窯には、銘がない。

.五寸皿  出西窯 http://www.shussai.jp/